So-net無料ブログ作成

ホンダ タクト購入 [スクーター]

通勤などに使っていた50ccのスクーターが始動しなくなりました。そのため、新車でホンダのタクトを購入しました。
20年の歳月の経過は大きく、全くフィーリングが変わっていることに驚きました。同じカテゴリーのバイクとは思えないくらいの差です。

今回購入したバイクはこちらです。

ホンダ タクト シルバー
tact1.jpg



以前乗っていたスクーターは、先輩にもらったヤマハの50ccスクーターのジョグです。SA12Jと表現が正確なのでしょうか。2st(2サイクル)ですが、規制後の少しだけパワーダウンしたものです。2000年モデルくらいなので、現在は20年ほどたっています。

この時代は排ガス規制がザルで、燃費もあまり気にしていないところから、2stは非常にハイパワーでした。SA12Jもかなり速いスクーターであり、また2ストロークならではの鋭いふけ上がりがなかなか楽しいバイクでした。サスペンションは性能が低く、車体もパワーに負けている印象ですが、それでも楽しかったです。
いろいろ部品を交換しながら乗っていましたが、ある日突然始動しなくなりました。分解して原因を追究しましたが、はっきりしなかったため修理せず買い替えに決めました。

まずはレッドバロンに行って相談しました。スクーター限定ですので、新車ならタクト(あるいはOEMのジョグ)かレッツあたりになるようです。しかし、そんなに乗るつもりもないので、まずは中古を探してみました。
レッドバロンなのでトゥデイや少し前のジョグなどネット在庫がいろいろあり、検討しましたが原付の中古は意外と高いです。
また、トゥデイは空冷4stの持病であるバルブのカーボン噛みが大量に出ているようです。またヤマハ製ジョグは燃料ポンプが故障するとか、いろいろ不具合が大量にネットにでていました。
とくにトゥデイの評価が低く「コストダウンしすぎの安物」という評価が支配的のようでした。ネットの評価は、不満がある人が書くため欠点が強調される傾向があるのは確かでしょうが、あまりにも評判が悪いため、トゥデイはやめました。

いろいろ考えましたが、価格差をかんがえると新車のほうがよいといわれ、その通りだと思いましたのでホンダのタクトにしました。
ヤマハのジョグ(タクトのOEMです)でもよいですが、ジョグは前のデザインは若いのに後ろが年寄りでチグハグに感じたためタクトにしました。


しかし、店員の知識がなく、質問に対する答えがまともに帰ってきませんでした。カーボン噛みはとても有名な不具合ですが、そのあたりの説明もありませんでした。そのため、レッドバロンでの購入はやめました。(店員個人の問題ではあろうと思いますが。)
今回のバイクは近くの普通のバイク屋で購入しました。



すぐに納車され、ツーリング?にも行きました。
以前のものはキャブの2stで、今回のは燃料噴射の4stです。最初に感じたのが、セルが極めて静かなことです。eSPエンジンは始動が静からしいですが、おそらくスターターではなくスタータージェネレーターなのでしょう。静かすぎてエンジンがかかったかどうかがよくわからないくらいです。時代を感じますなあ。

パワーはもちろん2stに劣りますが、高速域ではそれなりに走ります。しかしスタートはやや鈍い感じはあります。アクセルをあけたときのレスポンスも、最初はやや鈍い感じはありますが、だんだん加速を始める感じです。2stのような豪快な感じはありません。


ハンドリング等については何も感じません。この手のスクーターであれば、問題なく走ればそれでよいのだろうと思いますので、これは良いセッティングだろうと思います。




いろいろ書いてきましたが、タクトは良いバイクです。普通のことが普通にできるスクーターであり、優等生的なバイクを作るホンダが作ったバイクという感じがします。

静かで、極めて燃費が良く、まあまあ走る、そして安いという、まさに実用車です。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。