So-net無料ブログ作成

リーフe+ (60kwh) 試乗 [クルマ関係]

以前から興味があった、新型リーフ(60kwh)の試乗に行ってきました。
新型(40kwh)のリーフにも乗ったことがなかったので、ついでに新型を見てきたという意味です。

e+はなかなか速いクルマです。GT-Rとは全くカテゴリーの違う車ではあるものの、速さという意味ではどちらも相当速い方に入ります。

アイミーブを買ったばかりですが、リーフのe+も安ければ欲しいところです。しかし高すぎるため、いまのところリーフを買う気はありません。

試乗車はこちらです。e+です。
LEAF_60_1.jpg



リーフはこれまでレンタルや試乗で、初代の前期、後期はいずれもかなり乗っています。しかし、2代目は初めて乗りました。

試乗の感想にかんしては、自分は40kwhに乗ったことがないため、そちらとの比較はできません。アイミーブまたは初代リーフとの比較をさせていただきます。

そもそもですが、60kwhバージョンであるe✛というグレードは、いわゆる上級グレードです。バッテリーの容量が多いだけではなく、トルクとパワーも上がっています。街中をふつうに走るにはもともと十分でしたので、高速道路でも不足ないパワーという意味でしょう。

こんな感じでe+のロゴがついています。
LEAF_60_2.jpg





トルクにかんしては十分です。少し曲がりながら踏むとホイールスピンしますが、これはアイミーブでも同じことなので、ハイトルク車でLSDなしという意味では状況は共通です。

発進などでも軽々と加速しますし、速度調整もしやすいです。これはアイミーブとも共通するところであり、EVの長所でしょう。

ちなみにフル加速では、ステアリングが頼りなくなり、進路が少し泳ぎます。トラクションの限界ギリギリで加速するため、路面の変化に鋭敏に反応するのでしょう。これもGT-Rのローンチコントロールとそっくりです。GT-Rもフル加速では、姿勢は「グニャグニャ」です。


ステアリングは軽いです。軽すぎでしょう。反力のないゲームのようです。まあ普通に運転するのに問題はありませんが、フィードバックには乏しいです。
ちなみに車の動きもある意味ゲーム的です。ロール感はほとんどなく、シュッと曲がります。低重心は十分体感できますし、ボディ剛性も感じます。初代リーフはスポーツカー的な動きをしていましたが、それにやはり近いです。(マイナーチェンジなので同じなのは当たり前?)

乗り心地は良いですが、意外と硬い感じはあります。ショックはつたわりますが、後には残りません。アイミーブも同様の感触であり、硬いバッテリーボックスの影響でしょうか。
リーフのスポーツバージョンを作るなら、バッテリーのケースをカーボンかなにかにしてガチガチに固めれば、もっと剛性は高くなるかもしれません。


このあたりは、同じメーカーだからかもしれませんが、意外とフィーリングがGT-Rに近い感じもあります。ゲーム的コーナリングも少し近いですね。


ブレーキは違和感がありました。回生と油圧ブレーキのミックスになっているはずですが、最初はブレーキがかかった感じがせず、フワフワしています。踏み増していくと徐々に減速度が出てきますが、あまりリニアに立ち上がる感じではなく、そこはかとない不安感があります。慣れの問題は否定できませんが、ここはさすがに要改良でしょう、

ちなみにアイミーブはここは優れています。最初の回生が徐々に立ち上がり、あとは通常の油圧ブレーキの感触です。高度なミックスはしていないはずですし、そもそもアイはベースのガソリン車のブレーキフィーリングが相当よいため、その長所を受け継いでいます。



乗った時に、残り走行距離が380kmなどと表示されていました。アイミーブではありえず、ガソリン車並みですね。
すごいことではあると思いますが、500万円を超えようという高い価格を正当化できるかというと微妙かもしれません。

しかし、リーフe+をハイパワーなスポーツカーとして買うのはありでしょう。次はリヤにモーターを付けて四駆にしたリーフe+ 4WDがあるとよいのではないでしょうか。もっと発進加速がよくなり、低速域ではGT-Rに勝負できる可能性があります。
リーフを買うような「意識高い系」の人からみるとバカバカしい限りですが、すごい動力性能だろうと思います。そのあたりのスポーツカー顔負けの加速だろうと思いますし、それであれば価格は正当化できそうです。



というようなことを思いながら乗りましたが、結局のところe+の位置づけは微妙と感じました。
つまり、EVとして正しい使い方をするなら、60kwhはムダです。40kwhで十分であり、30kwhでもよいかもしれません。逆に長距離ならエンジンを載せるべきで、PHEVということになります。ニッサンならEV寄りのE-powerでしょうか。状況によるため、必ずしもEVが最適解でもないと思いますが。

また、「航続距離380km」を見ながら思いましたが、やはり軽のEVを待つべきだろうと感じました。1-2年以内にニッサン/ミツビシから発売されるらしいので、それに買い替えるかどうかです。
リーフのような普通車にバッテリーを積み増していくのがよいかどうかは疑問に思いました。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。