So-net無料ブログ作成

充電の頻度 [アイMiEV]

アイミーブが納車されて半年が経過しています。雪の季節も過ぎ、ノーマルタイヤに換えて快適に走っています。EVに乗っていると必須となる充電ですが、当家での充電の頻度について書いてみます。

なお、うちのアイミーブは2014モデルのXであり、電池の容量は16kwhです。また通勤に使用しており、ほぼ毎日乗ります。通勤の距離は片道3kmくらいです。

以上のような使用モードで、2-3日に一度充電というくらいでしょうか。



充電の頻度というのは、結局のところどれだけ走るかということに尽きます。うちは通勤距離がもともと短いことと、買い物などに行くとしても10km程度でほぼ足ります。そのため、平均の走行距離は10-20km/日程度でしょう。

リチウムイオン電池の特性として、空はもちろん電池に良くありませんが、フル充電も良くないようです。そのため、レンタカーのようにずっと満充電で待機というのは電池にとって厳しい使い方でしょう。
そのため、EVの中古を買うときはレンタカー上がりは避けたほうが良いです。(うちのは以前のユーザーは関西電力です。)

当家では、電池残量が1/3程度になったら充電するようにしています。また、できれば80%程度で充電をやめるのが良いのでしょうが、面倒なのでほとんどの時はそのまま満充電になっています。実際には、仕事から帰ったら充電し、風呂に入る前などに充電ガンを外すというような適当な運用をしています。
最近のEVは電池に優しいモードがあり、80%程度で充電を停止させることができるようですが、当家の古いEVにはそのようなモードはついていません。

ちなみに、自宅で普通充電をすることが面倒かというと、全く面倒ではありません。うちは充電ケーブルはコンセントにつけっぱなしであり、充電ガンもホルダーにおいてあります。アイミーブの充電口を開けてコネクタをつなぐだけなのでほとんど手間がかからないということの影響はあるかもしれません。

場所や状況はかなり恵まれているとは思いますが、ガソリンの給油口を開けるのと全く同じ操作で充電コネクタの蓋をあけ、つなぐのみです。


また、ケチだとはおもいますが、自分が入っている電動車両サポートのプレミアムプランには、500円の充電料金が含まれています。これを消化するために、仕事帰りにイオンに寄ったり、三菱のディーラーに寄って、15分ほど急速充電をすることもあります。ただ、急速充電はバッテリーに負担をかけるため、急速充電といっても少しだけです。

そもそも、それだけのためにわざわざ出かけていくのが時間の無駄使いという気もしますが、最近は教科書を持って行って充電中に車内で勉強するようにしています。ほかにすることがないため、意外と集中できます。(最近道がよくなり、職場から三菱ディーラーへの時間がさらに短くなりました。3分で到着できます。)

ちなみに電動車両サポート プレミアムプランでは、三菱ディーラーの充電は5円/分で激安です。イオン等は8円/分でこれもかなり安いです。当家の電気代は29円/kwhくらいなので、三菱での充電の場合、1kwあたり6分以下では三菱の充電のほうが安くなります。(満充電に近くなければ、まずここまでかかりません)



いろいろ書きましたが、このあたりの話も電池容量が少ないアイミーブならではかもしれません。40kwhのリーフなどでは、おそらく週に一度以下の充電で問題ないだろうと思います。

また、急速充電はずっとそこで待っていることが非常に苦痛です。日常生活の一部として急速充電を組み込むのは、少しムリがあるような気もします。少し電気代が高くなっても、自宅で時間を気にせずに普通充電するのがムダがないように思います。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。