So-net無料ブログ作成

Fホイールスペーサー装着(スタッドレス) [アイMiEV]

寒波が来るとのことでしたので、やっとアイミーブのタイヤをスタッドレスに交換しました。ガソリンアイで使っていたスタッドレスがあるので、それをアイミーブに装着しようとすると、ブレーキキャリパーに干渉して装着できませんでした。
フロントにスペーサーをかませて何とか装着しましたので、今回はこのあたりを書いてみます。

そもそも、初期型アイの標準装着のスチールホイールと、アイミーブの標準鉄ホイールは形が違います。左がアイミーブ用で、右がガソリンアイのものです。微妙に盛り上がりの形が異なります。
comparison.JPG



前乗っていたガソリンアイは2006年製造の初期型のターボモデル(ターボしかなかったですが)です。今回装着したスタッドレスは、中古を買ってきたときに装着されていたホイールであり、おそらく純正装着品であろうと思います。

もともとは夏タイヤがついていましたが、夏用には別の中古ホイールを購入し、このホイールはスタッドレス用としてずっと使っていたものです。
見た目は普通の鉄ホイールです。当然ですがガソリンアイでは普通に使えていました。しかし、アイミーブには装着できませんでした。アイミーブはガソリンアイよりブレーキが大型化されているようで、その影響であろうと思います。


こちらがアイミーブ用ホイールをアイミーブにつけたところです。当然ながら問題ありませんし、キャリパーとのクリアランスは5mm位はありそうです。
before1.JPG

ガソリンアイ用のホイールをアイミーブに装着するとキャリパーに干渉して使用できませんでした。(写真がわかりにくくて申し訳ありません。)
hit.JPG


ということで、選択肢としては新しくホイール自体を買うか、ホイールスペーサーでごまかすかです。
今回はスペーサーを購入しました。量販店で売っている穴だらけのスペーサーは鉄ホイールには向かないとのことで、必要な穴だけがあいているものをネットで購入しました。
厚さには悩みましたが、ひとまず5mmにしてみました。3mmでもいけるかもしれませんが、力がかかった時に変形することも考えると5mmのほうが無難だろうと思います。

スペーサーはこちらです。アルミ製(A6061)ですが、T6の熱処理は今回の用途でなにか意味があるのでしょうか。
HA4W_spacer1.JPG

装着してみました。なお、アイはハブ径が前後で異なります。このスペーサーはハブ径が60mm?で干渉はしませんでした。
HA4W_spacer_fit.JPG

このスペーサーで問題なく走れるようになりました。

スペーサー装着後です。ナットのかかりが少なくなりますが、まあ問題ない程度であろうと思います。さすがにハブボルトのうち替えまでは必要ないだろうと思います。
after.JPG



このことはネットでもあまり見たことがない状況でした。すでに雪が降っている状況で判明し、すこし焦りましたが、なんとか事なきをえました。ガソリンアイ用の鉄ホイールをアイミーブに流用する方はお気を付けください。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。