So-net無料ブログ作成

リンサーでシート洗浄 [クルマ関係]

今回アイミーブを中古で購入しました。喫煙車ではなかったようですし、かなりきれいな状態だと思いましたが、中古なので一応シートの洗浄をしてみました。
また、友達が中古車を購入したのと、親戚の10年もののステップワゴンもシートの掃除をしたいとのことだったので、ケルヒャーのリンサーをレンタルしてシートを洗浄しました。

リンサーがどのようなものかというと、「水を噴射する」と同時に「水を吸う」機能が付いた機械であり、まあ要するに水スプレー付きの掃除機です。まさに「リンス」する機械です。

まあ動画のほうが分かりやすいでしょう。 youtube 「リンサー シート」です。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88

シート自体がそれほど汚れていないようにみえて、回収された洗浄水がすごい色なのが衝撃的です。



今回使用したのは、ケルヒャーの puzzi 8/1Cというもので、一応業務用のようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケルヒャー カーペットリンスクリーナー Puzzi8/1C 1100-2290
価格:74520円(税込、送料無料) (2018/10/29時点)




ケルヒャーのページでは、業務用にカテゴライズされており、カーペットリンスクリーナーとなっています。
https://www.kaercher.com/jp/professional/carpet-cleaner/spray-extraction-machines/puzzi-8-1-c-jp-11002290.html

ちなみに消費電力は1200Wです。また温水機能はありません。温水を使いたいなら、別にお湯を沸かしておく必要があります。50度が上限のようです。



もちろんたまにしか使わないものなので買ってはいません。DMMレンタルから借りました。
http://www.dmm.com/rental/iroiro/

今回は3日借りて、費用は1万円弱でした。大きいので買ったら置き場所にも困るだろうし、車屋でもないのでめったに使うようなものではありません。こういうものこそレンタルが向いていると思います。ついでに、前記のとおり周囲に周知しておいたので親戚がうちに来て使って帰りました。

ちなみに、リンサーは消費電力が1200Wであり、合わせてティファールのヤカン?(1000Wくらい)でお湯を沸かし続けました。当然普通のコンセントではブレーカーが落ちます。
そこでEV充電用の200Vコンセントからダウントランスで100Vに落として使用です。トランスは近くの業者からレンタルしました。レンタル代もかなり安かったですが、買っても2万円程度です。しかし、トランスは重いですし、使っていないときに邪魔なのでやっぱりレンタルでしょう。


EV用コンセントは4kwまで(200V*20A)はブレーカーが落ちないはずであり、電線の容量も十分にとってあります。こんなに使ったら電気代もすごいのかもしれませんが、リンサー、湯沸かし器、掃除機を全部同時に使ってもブレーカーが落ちません。快適でした。前回は普通の100Vコンセントを室内より引っ張りましたが、他に何か使うたびにブレーカーが落ちて面倒でした。モーターなので突入電流が大きかったせいもあるかもしれません。



リンサーの使い方は動画やネットにもいっぱい転がっています。汚れていないようにみえても、回収した黒い水を見ると、どれだけ汚れていたのかわかります。潔癖症のひとは回収した洗浄液は見ないほうが良いかもしれません。シートに座れなくなるかも・・・。

今回は、以下のようにして掃除しました。

0.ゴミ、ホコリなどを吸う
普通の掃除機でゴミなどを吸い取ります。これをしなくてもリンサーで吸い取れるような気もしますが、ドライで吸えるものは吸っておいた方がよいでしょう。

1.水を撒く
リンサーで水をまきます。この時に、掃除する領域をなるべく限定するようにします。たとえば運転席の座面だけ、というように狭く設定します。あまりに広くすると、掃除している間に水がどんどんしみこむため、吸い取りにくくなります。

2.洗剤をスプレー、洗う
洗剤を撒き、ブラシで洗います。ある程度水がないとうまくいかないため、それなりの量の水を撒く必要があります。今回はブラシは100均でゲットしました。

3.リンサーですすぎ
リンサーですすぎますが、まずは最初の2回くらいは水を吹き付けながら吸い取ります。最後の2回くらいはヘッドを強く押し付けながら吸い取りのみにします。かなり吸い取れますが、当然湿った感じは残ります。

4.乾燥
夏なら炎天下に放置しておき、ついでにクーラーでも入れておけば簡単ですが、冬の場合はエアコンを入れたうえでヒーターを全開として除湿でしょうか。すぐには乾かないので、自分はインバーターを車内に持ち込み、家庭用の扇風機で風を当てました。
カーエアコンは強力なので、それなりにすぐ乾きますが、ここを妥協するとカビが生えるらしいので、十分乾燥させてください。






アイミーブのシートはもともとキレイでしたが、それでも匂いも少しとれたような気もしますし、すっきりした感じがします。
10年落ちのステップワゴンへの効果はすごかったです。おそらくきちんとしたシート洗浄は初めてだったと思いますが、もともと明らかに汚れているのがわかるような感じであったせいか、洗浄液はすごい色でした。見た感じ汚れていないような感じであっても液はすごい色になるので、見てわかる時点で洗い甲斐はあります。

リンサーをここのところ1-2年に一度程度レンタルして使っていますが、業者にルームクリーニングを頼むと高いのでレンタルもいい方法だろうと思います。
しかし、この作業は非常に疲れます。最近は慣れてスピードアップしましたが、きちんとやると半日かかります。自分は楽しいので疲れても気になりませんが、好きでなかったらつらいと思うので業者に頼んだほうが良いかもしれません。数万円かかりますが、自分でやるとその程度の値段は必要だろうと思えてきます。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。