So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アイミーブの中古 [アイMiEV]

自分の乗っているガソリン版のアイのフロントガラスにひびが入りました。結構ビシッとヒビがあり、このままでは車検に通りません。次の車検は2019年の8月なので、ちょうどいまから1年後です。

来年で13年目になります。フロントガラスのヒビ、フロントの運転席側ドアのサビによる穴などいろいろ不具合があります。ドアの穴など乗るうえでは関係ないですし、全体としては調子は良いですが、なにぶん13年目です。そろそろ乗り換えを検討していますが、乗り換え先としてアイミーブも検討中です。

もちろんアイミーブの新車など有り得ませんので、中古を検討です。
そのため、今回は最近のアイミーブの中古の状況について書いてみます。

中古を見に行った店では、こんな感じの陳列でした。もっといっぱいありましたが、こんなにある店はめずらしいでしょう。
HA3W_R35.jpg


アイミーブについては、これまでも興味をもってフォローしていました。ニュースもずっと見ていましたし、個人のページもいろいろ見てきました。

もともとアイミーブはHA3W型として2009年に発売されました。その後もチマチマと変更を受けていますが、一番大きいのはHA4Wになった時で、暖房がヒートポンプになりました。

細かい装備の差はありますが、そのようなものは枝葉末節なので無視します。

なお、パワー感は初期型が一番でした。その後は基本的にトルク感は下がっています。Gでもややトルクが低い印象です。Mは言わずもがなです。

変更についてはこのあたりが参考になるかもしれません。
https://gazoo.com/catalog/maker/MITSUBISHI/IMIEV/201004

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BBi-MiEV


三菱のアイミーブのページはこちら。(新車、普通車です)
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/i-miev/




EV(とくに中古)は1にバッテリー、2にバッテリーでそのほかはどうでもよいようなカテゴリーの車です。つまり、バッテリーが大変更されていないことが致命的です。
2009年発売で2018年現在ですでに9年たっています。それだけ経過しているのにバッテリーが容量アップしていないことをもって、「放置」と評価されてしまうわけです。

三菱としては、アウトランダーPHEVの評判を考えるとアイミーブなどに興味はないのかもしれません。まったく売る気がなさそうです。
そのくせ驚きの普通車化というのが信じられません。何か生産ラインを維持しないといけない事情があるのでしょうか。さっさと生産中止にしたほうが安上がりになりそうです。

アイミーブは軽で小さいEVということで意味があったわけです。普通車でよければアイミーブとくらべてはるかに潤沢に中古があるリーフでよさそうです。またリーフは生命線であるバッテリーの交換料金がアイミーブよりはるかに安いというアドバンテージがあります。



とはいっても、自分はアイミーブのデザインが気に入っています。またアイミーブにはガソリンアイ用のスタッドレスなどがそのまま使用できるのも大きいです。内装なども慣れているので、自由自在にいじれますしね。

ということで暇つぶしにアイミーブの中古を見に行っていました。比較的近くに在庫をいっぱい持っている店があり、2時間かけて出かけていきました。

その店長さんと話をした内容を書いてみます。

・最近市場への流通量が減っている
新車が全く売れておらず、最近は壊滅的なため仕方ないだろうとのこと。最初のころは三菱グループや電力会社などに売っていたが、最近はそれもないとのこと。今後増えることはなさそうとのこと。相場も上がってきているとのこと。

・EVは流行っている
最近EUなどでEVにシフトするとブチ上げているメーカーが多いため、これからはEVということで注目されているとか。(大いなる勘違いだろうと思いますが。日本車およびCAFE対策であることは明らか。)すでに日本は電動車(EVとは言ってない)大国です。
このように色々な影響でアイミーブは良く売れるそうです。まあ皆同じようなことを考えるのでしょう。

・遠くへの納車が多い
地元への納車は1割もないそうであり、全国に納車しているそうです。私も2時間かかっていますが、「近いほう」らしいです。店長さんは遠くの客とLineで交渉していました。

・離島で、はやっている
当たり前でしょう。航続距離が不要でガソリンが高いということで、EVのアドバンテージが最大限発揮される場所です。とくに南のほうの暖かい島なら完璧でしょう。これは今に始まったことではないような気がします。

・トルク感、レスポンスは素晴らしい
街中では非常に使いやすい、とのこと。同感です。

・アイミーブの駆動用バッテリー交換について
非公式だが90-100万円だそうです。8年以内に70%切ったら保証で交換でき、71%くらいの車両は酷使してなんとか保証に持ち込むのが定番らしい。(皆やっていることです。)

三菱のページ
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/afterservice/service/warranty/miev.html





店長さんといろいろ話をしましたが、「エコ」とかそういう話が一切でてこなかったのが好感できます。アイミーブのハンドリングと乗り心地は非常にすばらしいです。今の日本の現状では、特に高速道路が絡むとEVはそうエコではないことは常識です。


思わずアイミーブを1台買いそうになりましたが、冷静に考えて今のガソリンアイも十分乗れます。ということで思いとどまって帰りました。しかし、次の車はジムニーかアイミーブですね。(両極端ですが。)

ガソリンアイのすぐに効かないヒーターと比べると、電気は食いまくりますがアイミーブのヒーターはすぐ効きそうです。それだけでも、通勤距離が2kmの自分にとっては価値があります。


2018年だか2019年にニッサン/三菱の軽EVが出るとどこかに書いてありました。十分ありうる話だろうと思いますが、当然バッテリーもたくさん積んでいるでしょう。
そうしたらアイミーブの人気はがた落ちになる可能性が高いでしょう。そのときに値崩れしたアイミーブでも買おうかと思います。(未定)
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。