So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「水平対向エンジン モーターファンイラストレイテッド No.134」 書評 [クルマ関係]

今回紹介する「モーターファンイラストレイテッド 水平対向エンジン」は、あまりメジャーではない水平対向エンジンについて延々と書いてある本です。車(スバル、ポルシェ)、バイク(ホンダ、BMW)、飛行機(ライカミング)などに分けて書いてありますが、国内メーカーであるせいか基本的にはスバルについての記載が多いです。

水平対向エンジンは少数派ではありますが、かつてのポルシェ乗りとして、また未来のスバルオーナーとして、また軽飛行機乗りとして、水平対向エンジンには興味を禁じえません。いろいろ興味深い記事が多かったため、紹介してみます。

「モーターファンイラストレイテッド 水平対向エンジン」 Amazonにて


水平対向エンジンについての総論は、いつものことながらWikipediaをごらんください。

水平対向エンジン - Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E5%AF%BE%E5%90%91%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

ここに水平対向の利点や欠点がほとんど書かれており、あまり付け足すことはありません。おそらくもっとも大きな利点の一つは、振動特性がすぐれていることでしょう。本質的に回転バランスがよく、きれいに回ります。とくに水平対向6気筒はいわゆる完全バランスエンジンであり、以前乗っていたケイマン(987)のものもきれいに回るエンジンでした。

スバルについては、エンジン自体というよりは、車すべての設計について触れてある感じです。ここについては、「水平対向エンジンと心中する覚悟を決めた」という風に読めます。
水平対向という気筒形式に対して好意的なのか否定的なのか微妙ですが、どちらかというと否定的な感じを受けます。

そのあとでポルシェのエンジンが取り上げられています。911 GT3のエンジンですが、これはまさに「インスタ映え」する感じですね。エンジン自体が妙に美しいです。
718のMDDP,MDDNの4気筒ターボエンジンが美しくないわけではないでしょうが、気合が違う感じがします。(外観のみですが、これらもこの本に掲載されています。)


途中で飛行機のエンジンが出てきます。主には、レッドブルエアレースの規定エンジンである、ライカミング AEIO540 サンダーボルト エンジンの話です。排気量9Lの無過給ピストンエンジンで、もちろん水平対向で空冷です。ワンメイクのエンジンであり差が出ないように手組みされているようです。ただ、取り上げてあるのはほんの数ページにすぎず、詳細な記載があるわけではありません。
興味がある人が少ないでしょうが、飛行機用のピストンエンジンは自動車用と設計が全く異なります。テクノロジー的には遅れていますが、それでも信頼性を最重視する一風変わった設計が非常に興味深いところです。
飛行機ではいわゆるセスナ機(152や172など)は水平対向エンジンであり、ピストンエンジン機(事実上軽飛行機に限られる)は空冷の水平対向エンジン一色です。また、そのエンジンを流用したロビンソンR22も同様です。

あまり飛行機用ピストンエンジンの本はないのですが、日本語ではこのあたりが良いようです。教科書的な感じの記載が多いです。

「航空工学講座 ピストン・エンジン」




今回は、飛行機のエンジンが掲載されていたためこの本を取り上げてみました。自動車のエンジンが直3,直4,直6あたりに収斂してきている中で、水平対向エンジンは技術的に興味深いと思いますね。

ただし、飛行機が水平対向なのは単に保守的なだけでしょう。いつになったら直列になるのかと思っていましたが、なんとセスナ172の最新型は1.9L 直4DOHC ディーゼル 液冷 VTGターボ過給、コモンレール ダブルFADEC というようなエンジンに切り替わっていました。しかも、出力軸のギアリダクション付きです。
航続距離は1000nmであり、要するに1800kmです。十分長いです。巡航速度250kmでも7時間飛べます。オートパイロット付きなので耐えられるかもしれませんが、ヒマでしょうなあ。

コンチネンタルエンジン ディーゼル
http://www.continentalmotors.aero/diesel/diesel-engines.aspx

これは空港でピストンエンジン用の航空ガソリンが手に入りにくくなっているから、ジェット燃料(Jet-A1)が使用できるディーゼルを開発したという側面もあるでしょうが、それにしても一足飛びにトレンドの先端に躍り出たともいえます。まさかのコモンレールディーゼルです。
ただし、上に書いていることと矛盾しているとは思いますが、この複雑なエンジンの信頼性はどうなんでしょうね。余計なお世話ながらちょっと心配です。






nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。