So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

R35 バッテリー交換 [GT-R]

R35のGT-Rはバッテリーが上がりやすいクルマだと感じます。もちろん絶対的に乗る頻度が低いことは否定できませんが、それでもすぐバッテリーが弱ります。ちょくちょく充電してごまかしていましたが、納車から4年たつことから交換を検討していました。

やはり、バッテリー上がりは冬に多いと思いますので、予防的に交換しました。
別に交換は難しくありません。

交換したバッテリーはこちらです。「Panasonic CAOS 80B24L」





以前ほどではないと思いますが、GT-Rの整備費用は「R35価格」であると揶揄されています。仕方ない部分があるとは思いますが、これはある程度真実です。ホイールアライメントやオイル交換などはまあ仕方ありませんが、バッテリーなどどこで交換しても同じでしょう。

ということで、バカ高い(と言われている)バッテリーは自分で交換しました。ただし、R35はカバーをいろいろ外す必要があり単に交換するだけではありませんが、それほど難しくありません。ちょっと面倒なだけですので、節約したい方は自分で交換することを勧めます。

バッテリー自体はネットでパナソニックのCAOS 80B24Lを注文しましたが、大体1万円程度でした。ディーラーなら倍か3倍くらいになりそうです。


具体的な方法としては、まずはエンジン左側にあるバッテリーの蓋を取ります。
DSCN4377_s.JPG

そのあとその蓋の周囲のパネルを外します。さらにFガラスの根元のパネル(つまり車両後方側)を外すとバッテリーが抜けるようになります。クリップが10個くらいあるため、いちいち外していく必要がありますが、まあそれだけです。

ここにクリップがありますと英語で書いてありますが、要するに引っ張れば抜けます。
DSCN4383_s.JPG


パネルを外したところです。
DSCN4388_s.JPG


バッテリーの固定は日本車によくあるステーをねじで締め付ける方式です。特に変わった方法ではないです。
DSCN4388_s.JPG

奥が元のバッテリーです。手前が今回のCAOSです。
DSCN4395_s.JPG




もともと装着されていたバッテリーはやや弱っていたはずですが、頻繁な外部充電のおかげかあまり変わった感じはありませんでした。ただ、冬に向けて安心できるのは確かです。
まあ、根本的にはもう少し乗ってあげるとよいのかもしれません。走りすぎるのは車に負担をかけますが、走らなさすぎるのもそれはそれで車に悪いです。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。