So-net無料ブログ作成

プライオリティパス [その他]

しょっちゅうではありませんが、時に海外まで出張することがあります。事実上海外でなければ意味がありませんが、その時にプライオリティパスのサービスを受けてきました。
プライオリティパスというのは、要するに世界中の空港で会員制ラウンジに入ることができるサービスです。それだけといえばそれだけですが、普通に無制限プランに入会すると399ドルします。

このサービスが付属しているカードは色々あります。たいていはプラチナクラスのカードですが、メインに使っている「楽天プレミアムカード」は、年会費は1万円なのですが(例外的に)プライオリティパスが付属します。
このカードはずっと前から使ってきましたが、今回初めてプライオリティパスを使ってみたので感想を書いてみます。

楽天プレミアムカード


プライオリティパスのページはこちら
http://www.prioritypass.jp/JP/index.cfm

pripority pass 英語
http://www.prioritypass.com/

普通のゴールドカードはいっぱい発行されていますが、国内の空港のラウンジを使うことはできるものが多いと思います。しかし、プライオリティパスの利点は海外です。もともとがワールドワイドなサービスなので、海外のラウンジが使用できるのが強みです。

ちょっと前にワシントンDCに行きましたが、行きに時間が余ったので成田のラウンジに行ってみました。
カードを提示したらすぐ入れましたが、食べ物と飲み物はかなり豪華でした。ビールも飲み放題なので、アルコールが好きな人には天国かもしれません。ソフトドリンクが無料なのは珍しくないですが、アルコールも無料なのはかなり驚きました。あとはスナックやフルーツなどのつまみ系の軽食もいっぱいあります。その気になれば、食事の代わりに食べることができるくらいの充実度です。そういうことをすると、たぶん浮きますけど。
ただ、そういうことを考えてしまうのが、さもしい?ですな。われながら貧乏性で、そもそもラウンジに行くのもリラックスしたいというよりは「元を取る」という発想なのが悲しいです。

まあ、それなりに静かなので落ち着きたい人には向いているでしょう。今回は時間がなかったので、ゆっくりはできませんでした。入ってみましたというだけでした。まあ、のどが渇いたときにジュースを飲むだけに入るというのもありでしょう。ただし、たいていの場合辺鄙?な場所にあるので、それがネックにはなります。

DCのダレス国際空港でもラウンジに入ってみました。結構リラックスできてよかったです。



楽天プレミアムカードは、海外旅行にちょくちょく行って、楽天でよく買い物するならコストパフォーマンスは抜群にいいです。楽天でのポイントが1%加算され、旅行では手荷物配送とプライオリティパスがあるだけで年会費の元はすぐに取れます。まあ、そういう人には非常にお勧めです。

プライオリティパスも、海外旅行に行くならあっても悪くないと思います。ただし、デザインが悪いとか、ステータスが無いという批判もよくあります。それもその通りだと思いますが、私はそのカードのサービスが自分にとって有利かどうかだけで判断しますが、私にとってはこのカードは良いと思いますので、いまのところはずっと使い続けるつもりです。

ただし、「プライオリティパスを使用しないなら楽天カードで十分ではないか?」という気もしないではないです。
ちなみに、「MONOQLO」などの雑誌が重箱の隅をつつくようなカード比較記事を定期的に出していますが、楽天カードは上位(決してトップではない)のおすすめカードを常にキープしていますね。楽天市場を日常的に使っているなら、あまり弱点がないのでまあ当たり前かもしれません。ৎ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0