So-net無料ブログ作成

イージーフィットバーセパレート 装着 [ハヤブサ]

ハンドルアップスペーサーで少しアップライトなポジションになりましたが、それでも結構前傾が強く、長距離はつらいので、もう少しハンドルを上げてみました。
バーハンドル化もできますが、あまりスタイルを崩さない範囲での改造ということで、EFFEX(プロト)の「イージーフィットバー セパレート」を装着してみました。

装着したのはこちらです。
「イージーフィットバー セパレート ハヤブサ用」


「ハヤブサでバーハンドルは邪道」という妙な信念?がよくネットなどに書いてありますが、まあわからないでもないです。せっかくハヤブサを買ったのならがんばって乗るべきという気もするため、少しひよってこれにしてみました。

ただおそらくハヤブサは日本人をメインターゲットにはしていません。背が高くて手の長い欧米人を基準に作っている印象があります。筆者は身長が165cmしかなく、手も短いので正直いってハヤブサの前傾はしんどいです。その意味で、体格によってハヤブサの前傾具合の評価はかなり分かれると思いますので下記はそのあたりを加味してご覧ください。


この「イージーフィットバー セパレート」という商品は、セパハンのポジションを少しだけラクにするための商品です。アップハンドル化ならバーハンドル化が定番なのでしょうが、そこまでではなく、あまり外観も変えたくないような人向きです。

メーカーのページです。
http://www.plotonline.com/brand/effex/lineup01-4.html

まずはハヤブサのハンドルバーの固定方法を掲載します。トップブリッジに直接ハンドルバーの固定穴があります。がっちり固定できますが、調整の余地はまったくありません。
hayabusa_USB1.JPG

イージーフィットバーはバー自体をずらしてさらに角度を変えるように作られています。実際の写真を見てもらったほうが早いでしょう。下側がノーマルハンドル(右)で、上がイージーフィットバーです。
hayabusa_grip2.jpg

ちなみにこの商品は結構凝った作りです。ただのバーですが、全て削り出しで製造されています。アルミ製ですが、根元は中実で手元側は中空になっています。それなりにコストがかかっている印象ですが、2万円と結構な値段なのでコストパフォーマンスは微妙な気もします。

こんな感じです。スイッチの固定穴も開いています。99-07用と08以降用の両方の穴があります。
hayabusa_grip4.jpg

さらに
hayabusa_grip3.jpg

手元側は中空です。内径14mmのバーウェイトが装着できます。
hayabusa_grip5.jpg



もともとのハンドルにはホンダ純正のグリップヒーターをつけていました。接着剤をはがそうとがんばりましたが、ビクともしなかったので仕方なく左側だけグリップヒーターの新品を買いました。ホンダの部品番号が付いており、普通に取り寄せできます。5000円でした。

ちなみに元のハンドルバーと新品のグリップヒーター(のグリップ)です。
hayabusa_grip1.jpg

接着は定番?の「セメダイン スーパーX」です。

ネットでみると、グリップヒーターの接着はこれでしている人が多いようです。自分でも愛用していますが耐熱性や接着力など文句ありません。やや接着が早いX2というのもあるようですが、むしろゆっくり固まるほうが使いやすいような気がします。




(もともとハリケーンのハンドルアップスペーサーを装着しているので、以下はスペーサーとイージーフィットバーの両方を装着した状態での話です。)

装着写真です。わかりにくいですが、ハンドルが上方にずれて垂れ角も少し減っています。しかし、見ただけでは非常にわかりにくいです。(わかりにくいことはメリット?)
hayabusa_grip6.jpg


ポジションはかなりラクになりました。もう少しラクでも良いような気もしますが、スタイリングを崩さないのはここまでが限界でしょう。これなら「セパハン原理主義」の人にも文句を言われないかもしれません。パッと見はわかりませんので。

なお、よく問題となるカウルとの干渉とブレーキホースですが、どちらも一応問題ありません。
リザーバータンクとインナーカウルは相当ぎりぎりですが、ステアリングを端まで切っても接触はしません。タンクとの間に指を挟みそうですが、こちらもぎりぎりOKです。

フロントのブレーキホースの長さもぎりぎり問題ありません。ただ余裕は使い切るので、本来なら長いものに交換するのが望ましいとは思います。



いくら削り出しとはいえ、ただのアルミの棒に2万円を出すべきかどうかは微妙な気もしますが、確かにラクな方向に変化します。

個人的には、峠を攻めたりしないならいっそバーハンドルまで一気に行ってしまったほうが良いかもしれません。スタイリングにこだわるけれども、ラクもしたいという人には良い選択だと思います。(というかほかに選択肢がない。B-Kingに買い替えという反側技はありますけどね。)

構造を見ていて思ったのですが、ただの鉄の中空棒を曲げただけの安いものをどこかのメーカーが出してほしいです。垂れ角をすこし緩和するだけでかなり変わると思いますので。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0