So-net無料ブログ作成

アイ スピーカー交換 Focal 165V30 [アイ]

アイいじりもそろそろやめようといつも思うのですが、なかなかやめられません。今度はスピーカーを交換してみました。
はじめてプロショップに頼みましたが、結論から言って餅は餅屋ですね。同じCDからとは思えない音になりました。かなり満足です。

つけたスピーカーはFocalの165V30というモデルです。
このフォーカルのPolyglass 165 V30というのは、30周年の記念モデルだそうです。限定だったそうですが、評判がよいので継続生産になっているらしい。限定云々はどうでもいいですが、ネットなどでもたしかに評判はよいようです。

こんな箱です。
165v30.jpg




今使っているヘッドユニットはパイオニアのDEH-P940です。そしてスピーカーがやはりパイオニアのTS-F17です。
このF17というのはカスタムフィットスピーカーの一番安いモデルですが、安いわりにはよい音でそれなりに満足していました。

現在は後継のTS-F1710が出ています。




しかし「オートサウンド」とかいう超マニアックな雑誌をぱらぱら見ていて、急にオーディオをパワーアップしたくなったので、比較的近くにあったショップに行って相談してみました。

いろいろ話をしましたが、女性ボーカルやピアノがキレイに聞こえるスピーカーというとこのFocalの165V30を薦められました。フォーカルはたしかに評判がよいようなので、こちらとしても異論はなく、すぐ決まりました。
あとはツイーターのAピラーへの埋め込み、ドアデッドニング、スピーカーケーブル引きなおし、バッ直などをしてもらい、全部で14万円でした。
この価格は(相対的には)全然高くないと思います。ケーブルにはいいものをと指定しましたし、自分でするとしても材料代で10万くらいはかかってしまうでしょう。それを考えたら仕上げの良さなどを考えるとリーズナブルだと思います。
後で見てみると、バッテリーからのケーブルは4Gでした。貧弱なオルタネーターとバッテリーがかわいそうになるくらいです。


ツイーターはこちらへ埋め込みです。
Apiller.jpg

ウーファーはこちらです。といっても見えません。本当ならシリアル番号などがあるはずです。
woofer.jpg



ところで音質ですが、かなり期待通りです。エージングがすんでいないせいか、やや音が尖がった感じはありますが、おそらくもうすこし落ち着くでしょう。
女性ボーカルの息遣いまでが聞こえます。もちろん楽器の定位も良く非常に満足です。なんというか、クリアで透き通った音質では決してないのですが、湿った感じの妙にセクシーな音(声?)です。こんな音は聞いたことがないです。

やはり定評のあるスピーカーとプロの技は違いますね。

次はヘッドユニット交換でしょうか。あるいはバッテリー交換でしょうかね。いろいろやることがあって困ります。いくらお金があっても足りません。これを聞いてしまうと、結構いい音だと思っていたケイマンのオーディオが不満に感じ始めました。泥沼?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0