So-net無料ブログ作成

ハリヤ スポーツコンタクト装着 [電動アシスト自転車]

毎週末に自転車いじりをしていますが、自転車いじりは楽しいですね。家の前で工具を広げてつつきまわすのは至福のときです。そしてバイクみたいに妙な肩身の狭さがないところがすばらしい。

通勤したり、買い物に行ったりしていますがタイヤの抵抗がやや大きいように感じたので、タイヤを細くしてみました。26*1.3HEにしました。標準タイヤが26*1.5HEなので、少し細くなっただけではあります。銘柄はコンチネンタルのスポーツコンタクトです。

スポーツコンタクト


ちなみにスポーツコンタクトというのはケイマンの認証タイヤの銘柄のひとつです。いまはスポーツコンタクト3になっているようですが、たぶん伝統のブランドです。自動車用と自転車用のタイヤに関係はないですし、実際のところ1.25幅か1.3幅のスリックなら何でもよかったのですが、この伝統ある名前(?)に惹かれたのでこれにしてみました。

オフィシャルサイトはこちらです。
http://www.conti-online.com/generator/www/de/en/continental/bicycle/themes/city/citytyres/sportcontact/sportcontact_en.html

26*1.3はETRTOで32-559のようですね。パターンがかなり個性的です。申し訳程度に溝が彫ってあるだけかも。
カタログをみて、思わず往年の名SタイヤD98Jを思い出してしまいました。通称ラーメンタイヤです。
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4ADRA_jaJP392JP393&q=D98J&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi&biw=1516&bih=931



このような適当なタイヤ選びを経て、ネットにて前後のタイヤと1.3に対応するチューブを買いました。ついでにタイヤレバーも購入です。ついでにバルブも米式のものに変更しました。

30分ほどでちゃっちゃっと交換して試走です。

知識としては知っていましたが、これほどまでにタイヤの影響が大きいとは思いませんでした。幅が1.5インチから1.3インチなので1-2割くらいの差なのですが、予想以上の差です。推奨空気圧が70psiで、MAXが80psiだそうです。まともなエアゲージを持っていないので、たぶんMAXくらい入っていると思います。このせいなのかもしれません。
たしかに乗り心地は硬くなりましたが、滑るように進む感じです。加速に気合がいらないのが快感です。そもそも電動なので加速は猛烈によいわけですが、さらによくなりました。反則的な加速です。ただし、ドライでのグリップは落ちました。Vブレーキなので制動力は強力ですので、すぐロックします。まあ実害はありません。

乗ったこともないですが、たぶんロードバイクはこんな感じなんでしょうね。

デメリットはあまりないと思いますが、標準タイヤにくらべて外径がやや小さくなります。泥除けとの大きさのバランスが崩れ、駐車時の傾きがやや小さくなることがデメリットとはいえると思います。前者は泥除けがなければ関係ありませんし、後者はセッティングの問題といえばそういえます。



スポーツコンタクトのスムーズな走りに満足していましたが、今度は乗り心地に不満がでてきたのでシートポストとハンドルを変更しました。

SRサンツアーのサスペンションシートポストです。
SR SUNTOUR(エスアールサンツアー) NCX SP8-NEX

SR SUNTOUR(エスアールサンツアー) NCX SP8-NEX

価格:3,969円(税込、送料別)



これはいまひとつでした。やはりサドルが動くというのは要するにディメンジョンが変動するわけなので、よいはずがないと思っていましたがやはり気持ち悪いです。乗り心地は確かに改善しますが、スポーツバイクとは相容れない感じがしました。すぐ元に戻しました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0