So-net無料ブログ作成

BOSE Quiet Comfort15 感想 [その他]

QuietComfortシリーズというノイズキャンセリングヘッドホンがあります。QuietComfort2を一度使ってみたところ、長距離フライトでの疲れが明らかに少ないことを実感したので、飛行機旅行ではいつも使っていました。
Quiet Comfort2に不満は無かったのですが、新製品であるQuietComfort15が出て気になっていました。形も一緒ですし買い換えるまでもないだろうと思って保留にしていましたが、今回アメリカに出張に行った際につい買ってしまいました。300ドルでしたが、日本では40000円なので、かなりの価格差です。もちろん国内での保証は付きませんが、それでもまあ満足な価格です。

ちなみにQuietComfort2と比較して、QuietComfort15は明らかに進化しています。見た目はほぼ同じですが、買い換える価値は十分あると感じました。
そのあたりのことを書いてみます。

アマゾンではこちら(Quiet Comfort 15)



QuietComfortシリーズ(以下QC)はBOSEから出ているノイズキャンセリングヘッドホンです。ヘッドホン自体での遮音に加えて、逆位相の音を発生させることでノイズを軽減させる仕組みになっています。電子耳栓ですな。
もともとは飛行機用の技術です。BOSEも飛行機用ヘッドセットを出していますが、かなりいい音でノイズも抑えてくれるらしいです。

一応リンクを
http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/pro_sound/flight/aviation_headset_x/aviation_headset_x.jsp



今はいろいろなメーカーからノイズキャンセリングヘッドホンが出ていますが、QuietComfortは老舗の部類にはいるでしょう。そして価格もトップクラスで値引きはありません。
直販のみで、値引きをしているのを見たことはありません。しかし、それでも価格が下がらないことをみると、よく売れているのでしょう。

これまで使ってきて思いますが、付け心地、ノイズキャンセリング性能、音質などのバランスはたしかにいい線をいっています。さらに今回のQuietComfort15はそのバランスが一段上がった感じです。

私はこれまでQuietComfortシリーズを3台買っています。

QuietComfort2 マイナーチェンジ前
QuietComfort2 マイナーチェンジ後
QuietComfort15

ただし今は手元にQC2のマイナー前とQC15しかないので、この2つで比較をしたいと思います。


まずは外観です。
outside.jpg
一番違うのはケースかもしれません。どちらも大きくてジャマなことには変わりありません。もう少しコンパクトにできるはずですが、アメリカ製品なので仕方ないのかもしれません。


QC15は縦に開きます。
inside15.jpg



QC2は横開きです。使い勝手はどちらも同じです。
inside2.jpg


見た目です。左がQC15、右がQC2です。
topside.jpg
ほぼ同じ見た目ですが、色以外の違いはQC15はマイク用の穴が開いています。


内側です。全く同じです。
Backside.jpg


接続コードです。
QC_plug.jpg
QC15のものには突起が付いていて、QC2には入りません。逆はOKで、音もでました。




それでは機能面での比較をしていきたいと思います。
QC2はマイナーチェンジで明らかに音質が向上しました。そのため、できればQC2のマイナー後とQC15を比較するのが筋ですが、手元にQC2のマイナー前しかないので、それとQC15を比較します。


1.音質
QC15が良好です。QCシリーズの音ははっきり言って4万円するヘッドホンの音ではなかったですが、QC15ではだいぶマシになりました。ただし、いい音とまではいえないでしょう。それなりです。飛行機の中で使うなら何の問題もありません。

2.ノイズキャンセリング性能
段違いにQC15が良好です。QC2も優秀だと思っていましたが、QC15と比較してしまうと、スイッチが入っているのかどうか心配になってきます。そのくらい差があります。ただし、ノイズキャンセリング特有の「耳がツーンとする感じ」はさらに強くなりますが、飛行機の中では問題になりません。

3.ノイズ
ノイズキャンセリングヘッドホンは、無音時に「サー」というノイズが出ることがあります。QC2ではかなり強かったですが、QC15ではかなり抑制されています。(なくなったわけではない)これも、飛行機の中で使うなら関係ありません。

4.使い勝手
全く同じです。スイッチを入れないと音が聞こえない仕様は相変わらずです。ケースのでかさも同じです。ケースに他のものをいろいろ入れるしかないですね。

5.付け心地
形が同じなので当たり前ですが、どちらも変わりありません。
付け心地は良好です。飛行機の中で10時間以上付けているなら、ノイズキャンセリング性能もさることながら、付け心地のほうが重要ですがその意味でも問題ありません。



そういうわけで、QC15は着実に進化していることが実感できました。QC2のマイナー前のオーナーは買い換える価値は十分にあると思います。QC2のマイナー後とかQC3となるとどうなんでしょうか。
そのあたりをご存知の方は是非教えてください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0