So-net無料ブログ作成

アイ ハイビームバルブ交換(HIR) [アイ]

最近はアイいじりもやめていましたが、久しぶりにバルブを交換してみました。一部では話題?のマイナーなバルブである、HIRというのに換えてみました。

詳しくはこちらを 「東芝ハリソンライティング」
http://www.htl.co.jp/p_pro3_p_02.html

HIRはなかなかいいです。色温度はやや下がったのでHID(ロービーム、6000K)とはかなり色味が違いますが、明るさ自体は明らかに改善しました。



アイを買ったときには(もちろん)ノーマルバルブが付いていましたが、まずはロービームをHIDに換えました。明るくなり満足していましたが、あまりにもハイビームとの色味が違うため、ハイビームを青色に着色された物に交換しました。
それでロー、ハイの色はそろいましたが、今度はハイビームが暗く点灯しているのかどうかわからないのが不満でした。さらに、バルブ自体が青いため非点灯時に前から見るとリフレクターが青く反射するのが気に入りませんでした。
そんなこんなでどうするか迷っていましたが、みんカラでHIRバルブの存在を知りました。

読むとなかなか良さそうですので購入です。

みんカラ 「HIR バルブ」サーチ
http://msearch.carview.co.jp/search.exe?input-form=simple&v%3Asources=mk-0&query=HIR+%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%96

こんなところでも売っています。
http://www.appakita.com/halogen-toshiba-hir.html



通販や某オークションで買ってもよかったのですが、そういうのはありふれているのでレクサスLSの純正バルブをディーラーに買いに行きました。
あいかわらずアイはレクサスの駐車場では浮きまくりでした。メルセデスとかクラウンなどの間にちょこんと停まっている感じですし、レクサスの駐車スペースは超幅広いので軽だと両側がかなり余ります。

LSのハイビーム純正バルブとして検索してもらうとすぐにわかりました。詳細は不明ですがLSのハイビームは通常のHB3とHIRと両方のモデルがあるようで、HIRの方を注文しました。

在庫があったのでその場で買って帰りましたが、高級なレクサス手提げ袋に入れてくれました。私には全く無縁ですが、シャネルとかグッチとかのような(無駄に)高級感あふれる手提げ袋です。しかも納品書も妙に高級(そう)な封筒に入れてくれました。そんなものは意味がないと思いますが、そういう無駄なところがブランドのブランドたる所以でしょうか。ま、レクサスは車メーカーなのだから、ポルシェのように車自体で勝負できるようになって欲しいですね。

バルブの価格は2個で11000円でした。レクサスと書いてある箱に入っているから高いのかもしれません。ビスタとかアルテッツァには純正採用されているので、そちらを買ったら安いのかもしれませんが不明です。

部品番号とかバルブの形はこちらをごらんください。
HIR_HB3.jpg



それではバルブを交換です。アイはヘッドライトユニットを外さないとバルブ交換ができません。そのため取扱説明書にライトユニットの外し方が書いてあります。慣れたら片側5分でできます。
さっさと外して交換しますが、このHIRのバルブと通常のHB3のバルブはわずかだけツメの形が異なります。これは見ればすぐわかりますので、HIRのツメをニッパーで少し切ってください。実物をみればすぐわかりますので心配はいりません。



換えた感想ですが、かなり明るくなりました。交換前のバルブが青く着色されている胡散臭いバルブなので当たり前かもしれません。
以前はハイビームが点灯していても、HIDにかき消されて点いているのかどうかわからないような感じでしたが、交換後はそんなことはありません。色温度が違うために点いているのがわかりやすいという面もありますが、それだけではなさそうです。また、照射範囲も広くなった印象があります。

ちょっと高いのが玉に瑕ですが、悪くありません。極限まで明るさを追求するならHIDに換えるべきですが、お手軽なのでプチモディファイとしては満足しています。

ただレクサスのこのバルブは高すぎるので、コストパフォーマンスは今ひとつです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0