So-net無料ブログ作成

航空無線通信士解答公開 [航空機全般]

2/23に受けた航空無線通信士の試験の続報です。

日本無線協会のWEBに航空無線通信士の解答が掲載されていました。
自分で答合わせをしたところ、法規、工学、英語とも合格ラインに達しており合格しました。(のはずです)

得点は無線工学が64/70点、法規が85/100点、英語が105/105点でした。
法規は相当勉強したのですが今ひとつでした。やはり受けた時の感触と同じです。無線工学と英語は予想通りですね。

航空無線通信士は科目合格制度があるので、もし勉強が間に合わないと感じたら無線工学か法規に絞るというのもひとつの方法です。今回私は無線工学を捨てたつもりでしたが、それでも以前基本的な勉強をしていたおかげでなんとか通りました。最低限はしておくべきでしょうね。
まあ、科目合格制度は3年間有効ですので極端な話試験を計6回受けることができます。それだけ受ければ簡単な時に当たることもあるような気もします。
普通に勉強してそれなりに時間をかければ合格できる試験だと思うので、そんなに非効率的なことをする必要はないと思いますが・・・。


どちらにしても、合格のコツは「過去問」が全てといって過言ではないような気がします。ひたすら過去の問題を攻略するというのが最短でしょう。

これから受ける人はがんばってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0