So-net無料ブログ作成

ヴィッツフロント(ドア)スピーカー交換 [ヴィッツ]

以前からヴィッツのスピーカーを交換する予定でした.
かなり以前から計画はしていたものの全然進んでおりませんでしたが、とうとう本日交換いたしました.


ヴィッツRS(NCP13 後期型RS)はスピーカーが標準では4つついており、ダッシュボードのツイーターとドアの普通のスピーカーの4つです.
リヤにはスピーカーがついていないので,ずっと前ですがサテライトスピーカーを付けてもらいました.
同時にダッシュボードの10cmスピーカーをカロッツェリアのスピーカーに変えてもらいました.これは非常に良く,劇的に変わりました.
これです.

そこそこのコストで良い音にしたいなら,ヴィッツの場合はダッシュボードのスピーカーを良い物にするのがもっともコストパフォーマンスが良いと思います.

なお,配線はやや特殊であり,ヘッドユニットからツイーターに行き,それがツイーターを経由してドアスピーカーに行くようになっています.
つまりツイーターを外すとドアスピーカーからも音が出なくなります.普通に中継するようにすればよいのですが,きちんとするならクロスオーバーネットワークで分岐させ,ツイーターはツイーター,ドアはドアで低音向けという風に分離するのをお勧めします.

わたしはそんなにこだわりもないので普通に中継しました.



それではドアスピーカーのみに絞って話を進めます.

ヴィッツにドアスピーカーをつけるときは,そのままでは付きません.標準スピーカーがマウントと一体型であり,さらにそれがドアにリベット止めになっています.そのためトレードインスピーカーをつけるときも土台(マウント?)が必要です.

カロッツェリアからキットがでています.私もこれを買いました.コネクタも付属しており,配線のカットは不要です.

【Carrozzeria】カロッツェリアUD-K105カースピーカー取付キット

実際に撮影したものはこちらです。



またスピーカーは16cmのものと17cmのものが何でも付きます.
スピーカーも安いものから高いものまで色々ありますが,今回は低音だけ出ればよいと考え,オークションで17cmのスピーカーのみを購入しました.もともとは17cmと別体ツイーターのセットですが,単品で購入しました.

中古で少し汚れがついていたりはしますが、安く手に入ったので満足です.

購入したものの元セットはこれです.



それでは交換です.電動ドリルがあると楽ですので準備するのをお勧めします.

1.Aピラーの根元についている内張りを外します.
ひっぱれば外れます.

2.ドアパネルのネジを2つ外す.
手すり?とドアハンドルのところにあります.(なお、オレンジ色の光が映っているのはハロゲンヒーターの光です。気にしないでください。)

3.クリップを外します.
プラスドライバーで左に回すと,ヘッドが浮き上がります.その状態でクリップごと引っこ抜きます.言葉で書くと分かりにくいですが,抜いたクリップの構造をみれば一目瞭然のはずです.

4.ウィンドウのスイッチのパネルを持ち上げます.
クリップで差し込んであるだけなので引っ張れば上がります.そのあとコネクタを外します.
助手席側は余裕ですが,運転席側が非常に固いです.とくに入れるときもきわめて入れにくいです.コネクタが2重になっており,外側のカバー?を力いっぱい引っ張った状態でないと入りません。われながらわかりにくい説明だとは思いますが、入れるときはコネクタの構造を十分観察してください。

5.ドアパネル自体を引っ張って外します.
まず下のほうを引っ張ってクリップを外します.「バキッ」といいますが気にせず外します.全部外れたら上にスライドさせたらパネルが外れます.

こんな感じになるはずです。

なおはずした側のパネルはこちら

6.内張りのビニールを部分的にはがす.
内側にビニールが張ってあります.防水のためだと思いますが,リベットが裏側に入り込むのを防ぐため,ドア内に手が入るようにする目的で、どこかを1箇所をはがします.
ビニールを引っ張りつつ,カッターで接着剤を分離するように真中を切るようにするとよいです.適当でよいです。私もはがしているときに内張りを切ってしまいましたが、ビニールテープで貼り付けておきました。

7.リベットを取る
ここがもっとも面倒な工程です.
まず2-3mmくらいのドリルを装着し,リベットの頭を削ります.ある程度の深さになったらグリグリひねりまわして穴を広げるようにします。アルミなので柔らかく、すぐ削れるはずです。
そうしたのちにペンチなどでリベットの頭を引っ張ると,ヘッドだけがとれて軸だけが残る感じになります.そこで裏側に手をいれてリベットがドア内に落ち込まないように,リベットを保持したまま表側からたたき出します.(この辺は適当でよいです.)そのまま軸ごと外に引っ張るのは難しいです。
もしリベットがドア内に落ちたとしても,すぐ下にドアの水抜き穴があるはずです.ここから外に出すことができます.

こんな感じ

ちなみに壊したリベットの残骸はこんな感じです。

8.マウントにスピーカーを装着
マウントをドアに合わせてみて装着方向を確認します.1方向しかきちんとつかないはずです.またマウントのフランジの端がドアに干渉するので少し切り取りましょう.
スピーカー側にクッションテープ?を貼り付けて隙間をふさぎます.

9.マウントをドアに装着
ネジの受けとなる金具がついているはずなので,それを装着してからその上からドア側にクッションテープを貼り付けましょう.防水もかねているのできちんとしたほうがよいと思います.

最後にコネクタを接続しておしまいです.あとは内装を元に戻して終了です。
出来上がり写真です。写真のようにマウントの端を少しカットした方がよくフィットします。

なお、純正はこんな感じのスピーカーです。



音質はよくなりました。ただし、ダッシュボード上のスピーカーを変えたときほど劇的に変わったわけではなく、コストパフォーマンスは微妙です。
ただ、それでもいままで聞こえなかった音が聞こえてくるようになったので効果はあります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0