So-net無料ブログ作成

ヴィッツ用レカロシート購入 [ヴィッツ]

最近はケイマンばかり乗っていますが、ケイマンのシートは良くできています。長距離でも疲れない車ですが、今度はヴィッツのシートに我慢できなくなってきました。
そのときたまたま中古部品屋(UP Garageです)をめぐっていると、レカロシート「Style-JJ」が売っていました。5万円で結構高かったのですが、状態が良かったこともあり即決で買ってしまいました。

まだ装着していないので家に置いてあります。


Style-JJというのはこれです。AM19シリーズのコンフォートモデルです。スポーツシートではありません。
http://www.recaro.com/index.php?id=2509&region=4&L=3

楽天ではこんな感じで売っています。


もともとレカロは13年前ごろに父親にもらったのが最初です。当時は免許を取ったばかりでインテグラに乗っていましたが、運転席側だけレカロに換えました。
当時は「Ergomed」シリーズの一番安いモデルを使っていましたが、とてもよいシートでした。別にスポーツシートではないのですが、座ると最初はやや窮屈な感じがします。前を向いてきちんとしたドライビングポジションを取らざるを得ないシートです。(ちなみにこれは全くケイマンと同じです)

しかし乗っている時は窮屈さは感じず長距離を走っても疲れがぜんぜん違うのには感動しました。大衆車(=シートにコストをかけられない)に乗っている人は、一度付けてみたら違いがわかると思います。
うちの父親によると「良いシートかどうかは長距離を走らないとわからない」と言っていましたが、まさに真実だろうと思います。

昔は正規品はバカ高かったですが、最近はそうでもありません。LX-VFなどは正規の値段が80000円くらいです。また平行輸入品があるモデルもあります。
昔は正規品しかシートレールを販売してくれないとか、修理を受け付けてくれないなどの問題があったようです。しかし現在はほかのメーカーのレールを使うこともできますし、電動でないモデルはそんなに壊れることはありません。正規品なら表皮の張替えなどもしてくれますが、安いモデルなら買い替えの方が良いことも多いです。
つまり、安いモデルであればあまり問題にならないような気がします。

まあ定番というものはそれなりの理由があると感じます。レカロも定番のひとつでしょう。

すべてではないと思いますが、日本車(とくにトヨタ)はシートなどスペックに現れない部品にコストをかけていない傾向にあります。正確に言うと、「見えないところにコストをかけてもユーザーに評価されないのでかけられない」といった方が正確でしょうか。VWのゴルフなどはずっと前から良いシート(開発はレカロ)が付いていますが、文化の差をひしひしと感じます。
どちらが正しいというわけではありません。ただし、そういう”車としての本質的なところ"にそろそろコストをかける時期に来ているような気がします。コスト競争しても仕方ないでしょう。勝てるわけがない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0