So-net無料ブログ作成

ロビンソンR44アストロの感想 [ヘリコプター]

ロビンソンR44アストロ

10分ほどですが、R44のアストロに乗る機会があったので感想を書いてみます。

なおR44アストロとは、ロビンソン社の4人乗りヘリコプターです。エンジンはライカミングO-540(排気量9L、225ps)です。機体のみの重量は1400lbとのことです。

Wikipedia - RobinsonR44
http://en.wikipedia.org/wiki/Robinson_R44

現在生産されているモデルはR44 RavenIIであり、ハイドロ(油圧、要するにパワステ)標準装備かつエンジンもインジェクションです。
今回のはアストロで、キャブのエンジン、ハイドロなし(エレクトリックトリムはあり)のモデルです。1992-2000年まで生産されていたとのことです。

フライトの内容はホバリング、ホバリングターンとトラフィックパターンだけです。まあ、これだけでほとんどすべての内容は入っていると思います。あとはオートロくらいでしょう。

乗った感想としては、まずはコレクティブが非常に重く感じました。かなり重かったため、最初はフリクションが入っているのではないかと確認してしまったくらいです。まあすぐ慣れます。

あとはサイクリックも重いです。しかもR22はいつも同じような重さ(あくまで感じ)のような気がしますが、アストロは速度によってサイクリックの重さが変化するような気がしました。
クルーズ中はあまり違和感はありません。ホバリングのときがもっともR22と違う感じがしました。なおトリムは便利ですね。クルーズ中はとてもラクです。

パワーはあります。明らかにR22よりあります。上昇も軽やかで、さらに加速も速く知らない間に100ktを越している感じです。
コレクティブを下げてもなかなか降りてゆかないのが印象的でした。もちろんその気で降ろそうと思えばいくらでも降ろせますが、R22と比べると滑空が伸びる感じです。

あとは乗っているとあまり関係ないですが、R44はR22より明らかに静かです。特に排気音は比べ物にならないくらい静かです。ローター音も静かなような気がしました。普通の感覚でいうと、R22は「とてつもなくうるさいヘリ」です。しかしR44は単なる「うるさいヘリ」ぐらいといった感じでしょうか。

やはりR44は良くできていますね。ロビンソンでもR22よりR44の方がたくさん売れている(ラインの長さがぜんぜん違いました)のも理解できました


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0