So-net無料ブログ作成

クランプスティフナー、小物入れ装着 [エクシーガ クロスオーバー7]

クロスオーバーセブン(CO7)が納車されて3週間くらい経ちました。買い物などに使っていますが、なかなか良いクルマです。「すべてが中途半端」という評価もありますが、「何でもできる車」というのも聞きます。中途半端と言われればその通りですが、3列シートで操縦安定性が比較的良い、ということでは良い選択だったと思っています。

しかし、小物入れが少ないなどの細かい不満はあり、定番の改造をしてみました。クランプスティフナー装着および助手席の小物入れの装着です。

これはみんカラに掲載されている、先人の試行錯誤のマネです。

みんカラ エクシーガクロスオーバーセブン
https://minkara.carview.co.jp/car/subaru/exiga_crossover_7/

クランプスティフナーというのは、ステアリングラックを固定する補強板です。ただの金属板であり、実はもとからCO7にはついています。しかし、それをレヴオーグ STI Sportの標準品に取り替えるというカスタムです。レヴォーグ用は、明らかに板厚が厚く剛性が高いです。

たったこれだけの話ではありますが、明らかに体感できます。みんカラの評価でも変わるというのが大半です。純正部品なので安く、完全に定番と化しています。この部品を買う時に、ディーラーのセールスマンから「皆さんやっておられますね」とのコメントを頂きました。

https://minkara.carview.co.jp/car/subaru/exiga_crossover_7/searchunit.aspx?kw=%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%95%e3%83%8a%e3%83%bc

部品番号はこちらです。標準装着品と形は同じような感じです。しかし、明らかに厚さが違いました。
CO7_cramp.jpg



あとは、インパネの助手席側の小物入れを復活させました。エクシーガでは小物入れであったようですが、なぜかCO7ではふさがれています。

今回の流用ではこのようになります。見た目はオシャレではなくなるかもしれませんが、収納の少ないCO7にとっては貴重な場所だろうと思います。
CO7_storage.jpg



ちなみに今回購入した部品のリストはこちらです。やはり純正部品は安いです。インパネの枠の価格がやや高いですが、それでも大したことはないです。
list.jpg





他に補強パーツの定番としては「リヤサポートフレーム」です。
https://minkara.carview.co.jp/car/subaru/exiga_crossover_7/partsreview/review.aspx?kw=%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0&srt=1&trm=0

これもかなり変わるらしいです。ちょっと過敏になるという噂はありますが、問題があれば外せば良いだけです。純正部品なので安く、気軽に試せる値段です。これも購入しましたので、あとで装着する予定です。


こういう風にいろいろ試せるのは楽しいですが、みんカラの先輩方に感謝です。
このように先人に感謝しているため、R35ではいろいろ試した結果をブログに載せるようにしています。このあたりは助け合いでしょう。自分のブログがだれかの車いじりに役立てば、これ以上のことはありません。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。