So-net無料ブログ作成

ミシュラン エナジーセイバープラス感想 [ストリーム]

今うちの車は、GT-R、アイ、ストリームの3台です。最近長期休暇には車で遠出することが多いのですが、その時にはストリームで行きます。
今回長距離を運転するにあたり、すり減ったタイヤを交換しました。新しいタイヤはミシュランのエナジーセイバープラスを選択しましたが、このタイヤはなかなか良かったです。

今回はこのあたりのことを書いてみます。

うちの初代ストリームです。
stream1.JPG



うちのストリームは初代の後期型 2006年式(RN1)です。1.7LのFFであり、特にスポーツグレードというわけではないふつうの車です。タイヤサイズは185/70 R14であり、いまどきあまり見ない70扁平です。しかも14インチです。

7人乗りのワゴンではありますが、この車はなかなか良いクルマです。パワーはなく、燃費がとくにいいわけでもありません。(悪くはないですが。) しかし意外とスムーズに曲がり、ハンドリングが気持ち良いクルマです。直進安定性も悪くなく、トランスミッションも4ATですがあまり不満はありません。

かなり気にいっていますが、現在つけているブリジストンのネクストリーがすり減ってきたことと、直進安定性の改善を目指してミシュランに変更しました。

ネットをみてどのタイヤにするか検討しましたが、このサイズだといわゆるハイパフォーマンスタイヤはありません。別にハイグリップにするつもりはないですが、ウェットグリップが悪い燃費スペシャルみたいなタイヤもいやです。
ということでミシュランあたりを検討し、一応店にいって相談しましたが、どこでもミシュランに関しては好意的でしたので、エナジーセイバープラスに決めました。

2日後にタイヤが入庫したとのことであり、総額で5万円ほどで交換できました。GT-Rと比べると超安いです。アイと比べてもまだ安いですね。

エナジーセイバープラスに乗ると、「柔らかい感じ」でした。強烈なグリップ感があるわけでもなく、エコタイヤ特有の空走感もありません。またステアリングレスポンスが良いわけでもありませんが、穏やかに反応しており結局はきちんと曲がっていくタイヤです。また、前に装着していたネクストリー(ブリジストンの一番下です)と比べると、ドライのグリップもですが、とくにウェットが改善した印象でした。(使い古しと新品の差の可能性はある。)

以前のケイマン(987)には、新車時にミシュランのパイロットスポーツPS2が装着されていました。あのタイヤもなんとなくつかみどころがない感じのタイヤでしたが、すばらしいトータルバランスでミシュランのファンになりました。
エナジーセイバーもそれとなんとなく似ている感じです。懸案の直進安定性は改善しました。当て舵が少なくなった感じです。

舶来品信仰は良くないと思いますが、長距離を高速移動するといった用途ではミシュランは良いのかもしれません。すくなくとも自分は満足しています。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。