So-net無料ブログ作成
検索選択

GT-R(2014) ファーストインプレッション [GT-R]

GT-Rを購入したことは別記事に書きました。今回はGT-Rの街乗りでの感想(インプレ)を書いてみます。普通に乗ってみた感想は(特に2014モデル)ネット上にもあまりないようですので、ひとまず街中を普通に乗った感想を書いてみます。特に購入しようと思っている方の参考になると幸いです。

ちなみに「慣らし運転を推奨」とのことで、アクセルはほとんど踏んでいません。あまり攻めて乗っていないので、いわゆるGT-RのGT-Rたる所以である高負荷域でのフィーリングはわかりません。が、ほとんどの人はそのような高負荷域を多用することはないでしょう。街乗りをした時の感触のほうが大事でしょうから、そのあたりに重点を置いて書いてみます。

まあ一言でいうと、「街乗りには向かない車」ですね。また、スポーツカーとして大切な「官能性」を軽視しているところも特徴です。ただ、GT-Rは最初からスポーツカーではないと言われればその通りです。


一般にR35のGT-Rがどのようなイメージを持たれているのかは知りませんが、私は購入する前までは「オタクっぽい」印象を持っていました。もちろんランエボほどではないですが、それでもだいぶマニアックな車という感じでした。ちなみに誰かが言っていましたが、インプレッサ(少し前のもの)は「汗くさい」らしいです。ポルシェは比較的スマートな感じがあるとも言われていましたが、それも納得できます。

GT-Rで、ある意味マニア感が最もにじみ出ている「マルチファンクションディスプレイ」です。GT-Rに関しては追加メーターはほぼ不要です。いろいろなデータが一覧できます。昔の旅客機の計器を思い出します。
GTR_4.jpg

そして、実際に買ってみても「こだわりのマニアが作った」「マニアのための」車という印象は変わりませんでした。ただし、そのこだわりが半端ではないところがGT-RのGT-Rたる所以です。でもちょっとオタクっぽいところももちろんあります。

こちらはニッサンのGT-Rのページです。スペックなどが記載されています。
http://www.nissan.co.jp/GT-R/



わたしのGT-Rは2014年式のピュアエディションです。オプションはバックカメラとBOSEサウンドシステムだけなので、走りや快適性に関してのオプションは要するにBOSEのみということになります。

今回2014年モデルのGT-Rに乗って感じたのは、やはり「オタクっぽい」感じがあるということです。そのオタクが「速さオタク」なのか「メカニズムオタク」なのかは難しいところですが、1000万円クラスでほぼ世界最速であるわけですから、それはそれでよいと思います。まあ速さに関してのコストパフォーマンスに関しては、ダントツの世界一でしょう。これに関しては異論のないところだと思います。

なお、タイヤが太いせいか街中では轍でステアリングがとられます。しかも前輪も後輪もワンダリングします。そのため、轍のひどいところをゆっくり走ると、車体全体が左右にゆらゆら揺れながら前進する感じです。これはちょっと気になりますね。街乗りで最も気になる部分です。ケイマンでも多少はありましたが、ここまでではありませんでした。単にタイヤの幅が違うからなのかもしれません。

ちなみにステアリングは全く重くありません。普通の車と変わりません。腕力は必要ないです。2014モデルでかなり軽くしたらしいので、その影響だと思います。ちょっと軽すぎかもしれません。その意味で身構える必要はないです。

また2013モデルの試乗で、信じられないような路面への粘着感を感じましたが、たしかにネットに書かれている通り2014年モデルではその印象は少し薄れています。もちろん少し弱まっただけで、ハンドル操作だけでメチャクチャ曲がるのは変わりません。
ステアリングを切ると、信じられないような角度までGが追従してきます。空力が関係ない領域でも、横Gで1Gを出すのは簡単です。それに、荷重移動という概念が無意味に感じるのも同じですね。
パワー的には今のスーパーカーの基準からみて超ハイパワーとは言えないのだと思いますが、ドライビングの基礎を無視するような曲がり方をするのは相変わらずです。自分はスーパーカーと言われる車には一切乗ったことはありませんが、すくなくとも自分の経験の範囲内では全く何にも似ていない不思議なハンドリングですね。

超低速時のエンジンの挙動は特に問題ありません。圧縮比は9.0しかありませんが、3.8Lある排気量のおかげか、低速トルクも十分です。普通に流していると。2000rpmも回らずにどんどんシフトアップしていきます。すくなくとも前後方向に関しては、車の重さをあまり感じません。
まだ全開にはしていませんが、それでもトルクはすさまじいです。それなりに踏んだ状態のインプレでは、有無を言わせず加速する感じです。そして不思議なのですが、やはりエンジンの存在感がありません。あえて例えると、モーターで加速している感じさえもします。なんでなんでしょうか?おそらく、サウンドが今一つ感性に響かないからだろうと思いますね。このあたりの感じはスズキのハヤブサと似ています。
ちなみに空ぶかしした際のレスポンスは非常に良いです。前述のとおり、圧縮比が9.0の低圧縮比にもかかわらず、レスポンスよく吹け上がります。そして回転落ちも非常に良いです。もしかすると、フライホイールが軽いからなのかもしれません。
ちなみに、当然排ガス規制はクリアしており、75%低減らしいです。もちろん燃費基準はクリアしておらず、エコカー減税は一切ありません。

一応クリーン排ガスの証拠です。かなり浮いているステッカーです。
GTR_1.jpg


デュアルクラッチトランスミッション(以下DCT)も挙動はほぼ問題ないのですが、時にガツンとくるショックを伝えてきます。超低速時のマナーも時に問題があります。音もときどきガチャガチャ言いますが、まあ問題ない程度でしょう。

なお、GT-RはリヤのLSDは機械式(多板クラッチ式ということ)です。当然プリロードはかかっていると思われ、冷間時に曲がると「バキバキ」言います。あとはタイトコーナーブレーキ現象かもしれません。一応極低速時には4WDをキャンセルすることもできます。これは機構を考えると当然であり、文句はありません。まあポルシェでも、フロントのアラインメントの関係で全車同じような音が起こるので、まあ良いでしょう


ブレーキはよいです。効きもすごいですが、フィーリングも良いです。GT-Rはブレーキに関しては何も言うことはありません。サーキットを周回するとブレーキの容量が足りなくて、だんだんフェードしてくるというのも聞いたことがありますが、そんなことは街乗りには関係ありません。日常域での使いやすさが全てですが、それは全く問題ありません。2ピースローターであり、超低速時に鳴きが出たりすることもありますが、ブレーキに関しては不満はありません。GT-Rのブレーキはとても良いブレーキシステムです。

ちなみに、GT-Rは説明書に「これらの現象は異常ではありません」という項目があり、6ページにわたってブレーキの鳴きやら、DCTの作動音、DCTのシフトショックなど、ある意味車好きには当たり前の項目ばかりが並んでいます。レクサスなどを買う層がGT-Rを買ったとしたら、このあたりは問題になるかもしれませんが、個人的には当たり前のことばかりです。
しかし、その中に「ブレーキパッドの張り付き」という項目があります。これは、パッド(メタルパッドのようです)が濡れたまま停車した場合に、パッドとローターが錆びて固着するという現象です。ケイマンもよく固着していましたが、GT-Rも起こるようです。
この項の中の一文がすごいです。「ブレーキが濡れた場合は1㎞ほど走行して、ブレーキシステムを乾かしてから駐車してください」 走れば乾くのでしょうか?雨が降っているときに、どこをはしれば乾く?単にブレーキに熱を入れるという意味でしょうか?ちょっと現実離れしたアドバイスなような気がします。

バカでかいキャリパーです。ちなみに2ピースローターですが、ちょっとしか音はしません。
GTR_3.jpg

乗り心地は問題ないです。それなりにしなやかで突き上げ感はあまりありませんが、時々ランフラットタイヤの硬さは出ている感じがします。 乗り心地は、隣に乗っている奥さまなどからはたぶん文句はでないだろうという範囲には入っていると思います。まだRモードにはしていませんが、コンフォートモードとノーマルモードの違いがよくわかりませんでした。


GT-Rの最大の問題は、音(サウンド)だと思います。横に乗った友人が「ケイマンは音は大きいが気にならない。GT-Rは小さいが気になる。」という名言を吐きました。
ケイマンは低速時はエンジンの機械音がうるさいですが、高回転時はオーケストラのような澄んだ音で、すべてがかき消されます。世の中には「フェラーリミュージック」という言葉があるらしいのですが、なんとなくわかる気がします。官能的というか、人間の深いところに快く響く音です。ハーレーの「ドドドドッ」といいう排気音も同じような感じを受けますね。また、ホンダのスポーツエンジンの高回転時の音は、「すすり泣く」感じの何とも言えない刺激的な音がしますが、それとも違います。
GT-Rの音は「ノイズ」に聞こえます。とくにパーシャルからごく軽く踏み込んだところで「カラカラッ」というか「チャラチャラ」というノイズが乗ります。ごく小さい音ですが、かなり耳障りな音です。説明書によると、フライホイールが軽量化されている関係での音?らしいです。トランスミッションの歯打ち音? DCTのノイズもですが、GT-Rの音はミュージックとはかけ離れたところにいます。また走行中はタイヤのノイズだと思いますが低いゴーッという感じの走行音がかなりうるさいです。低速時は結構響いて不快です。
しかし、それなりの高速時でも風切音があまり大きくなりません。音量というのは人間の感覚ではあまり正確には評価できませんが、120km/hくらいで巡航しているときに隣と話をすると静かなことを実感します。もしかするとオプションのBOSE アクティブノイズコントロールのおかげかもしれませんが、速く走ると静かです。300km/h時に助手席と話ができるということらしいですが、まあありうるだろうという風に感じますね。
GT-Rはいろいろな意味で通常の車とは違う特殊な車ですが、「速く走るほど静かになる。」という稀有な車です。もちろん勘違いであり、客観的に音量を計測すればそんなわけはないでしょうが、実際にはそのように感じます。まあ、ゆっくり走るなということでしょう。



ちなみに、上記はすべて街中を普通に走った時の印象です。はっきり言って街中での印象はよくありませんが、おそらくこの車の設計思想や、2013モデルの感触からみて、高負荷をかけたら印象は全然違ったものになると思います。
本来GT-Rとは、そのような使い方をするように設計されているわけですので、街中での印象が良くないのは当たり前かもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。