So-net無料ブログ作成

Torque (スマホアプリ)&ELM327 [ケイマン]

最近は激しい雪でケイマン(ノーマルタイヤ装着)はまったく走れません。何もしないのも面白くないので、スマートフォン用のアプリ 「Torque」をダウンロードしてみました。

要するにスマホを多機能メーターにするソフトです。百聞は一見にしかずということで、実際の写真を掲載してみます。燃料流量、速度、回転数、アクセル開度、冷却水温度、吸入温度などを表示しています。

ELM327_1.jpg

最近の車には故障診断コネクタ(OBDコネクタ?)があり、故障診断の際にそこにコンピューターをつなぐようになっています。OBDコネクタには各種の情報が出力されており、それを読み取って表示するソフトです。ちなみにOBD IIはOn-board diagnostics IIの略だそうですが、そのままですね。

ソフトはこちら。
「Torque」 無料版 (英語)  なお有料版もあります。機能が多いらしいです。
https://market.android.com/details?id=org.prowl.torquefree&feature=related_apps#?t=W251bGwsMSwxLDEwOSwib3JnLnByb3dsLnRvcnF1ZWZyZWUiXQ..


重要なことは、このソフト単体ではまったく何もできないということです。データが入力されなければまったく意味がありません。
そのためOBDコネクタの出力をスマホに伝える必要があり、それにはアダプターが必要となります。色々あるようですが、自分は楽天で適当に買いました。「ELM327」で検索すると、楽天でもアマゾンでも色々なところで売っています。出所がいまひとつわからず怪しいですが、まあ動けばよいので適当に買いました。接続はBluetooth経由です。

こんな感じです。
ELM327_4.jpg

コネクタの形はこんな感じです。
ELM327_5.jpg


たとえば楽天ではこちら。




このあたりは先人が試行錯誤された貴重な記録(人柱?)が「みんカラ」に大量に蓄積されています。いつものことですが、こちらもとても参考になりますので掲載しておきます。
http://search.carview.co.jp/search.aspx?q=torque


ちなみに、ケイマンのコネクタは助手席の足元にあります。紫色のコネクタです。
ELM327_3.jpg

アダプタを装着するとこんな感じです。相当邪魔そうですね。
ELM327_2.jpg



ケイマンでは読み取れる情報は余り多くありません。速度、回転数、アクセル開度などは当然として、あとは冷却水温度、吸入温度などです。

ちなみに、ケイマンの冷却水温度は忠実に表示されていると思っていましたが、78-92度くらいを変動しているのに、インパネのメーターが80度からまったく動かないのには驚きました。トヨタ車みたいなセッティングはやめて欲しい・・。




なお、アイでも試してみましたがアイでは動作しません。アダプタは認識しますが、データが転送されません。みんカラでも動かないという報告が多いみたいなので、根本的に対応していないのかもしれません。動く方法をご存知の方がおられたら方法を教えて欲しいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0